odekakebag

c0115289_20283384.jpg

レトロクラシカルな雰囲気をイメージしてodekakebagを作りました*
水玉の大きさが直径1.5cmのチョコ色の生地を選びました。
口布のレースはフィンランドの白いアンティークレースを…。

↓製作記録として画像を載せています♪
少し気になる箇所が…(汗)。


↓もう一つ日記を書いています*



やや厚地の生地だったのですが接着芯を貼ってから製作しました。
キルト芯も使用していますのでカチっとふんわりしています。
マチは多めにとっていて底板も入れています。
口布・内布は織りの詰まった厚地のリネン(生成り)を使用しています。
持ち手は本革(茶色)です。

c0115289_20295089.jpg

黒い生地と一緒に撮影してみましたよ♪
画像だと黒っぽく写ってしまうんですよねぇ…(汗)。
写真って難しいですね(^-^;)。
水玉は生成り色です*

c0115289_20305926.jpg

ここでちょっと気になる事が…(汗)。

大柄の生地(チェック・水玉など…)を裁断する時に気を付けている事があるのです。
縫った時になるべく柄が合うようにと裁断しています。
今回も横の水玉の位置が同じになるように裁断したのですが…。
↓横は良い感じに仕上がりました。
横の柄合わせばかりを気にしていた私…。底が…(汗)。

c0115289_20322614.jpg

柄が合っていませんでした(涙)。ひぃ~~(汗)。
布を【わ】にして裁断しなかったのです。
布によって一定の方向で描かれている柄(フルーツ柄など)は、
【わ】にして裁断すると柄が逆さになってしまう為、
出来ないの布(ベロアや別珍生地なども…)もあるのですが今回の水玉は…(汗)。
私の注意力が足りなかったのです(汗)。
お花柄だと目立たないのですが大きい水玉は目立ちますね…(汗)。
これだけ合っていないと、これも一つの柄に…。見えてきませんよね…(汗)。
ちょっとしたプレゼントにと丁寧に製作したのですが、
完成したバッグの底を見てショ~ック∑( ̄▽ ̄;)!!!!!!。

また一つ学びました…。柄合わせは慎重に…。

c0115289_20325949.jpg


c0115289_20362089.jpg

odekakebag…
ギャザーをたっぷり寄せた台形のシンプルなカタチの大きめのバッグです。
荷物が多い時(多くなりそうな時)のオデカケに…。
お稽古バッグとしてお使い頂いても良いかなぁって思います*


<窓が…(汗)>
連日最高気温がー7℃~ー10℃と寒い日が続いている札幌ですが、
昨日の夕方にちょと焦った出来事が…。
作業を終え、夕食の支度をする前に窓を数カ所開けて換気しながら掃除機をかけていたのです。
掃除機をかけ終えて、居間の窓を閉めて隣のお部屋の窓を閉めて、
脱衣所の窓を閉めようと思ったら…。
閉まらないんですけど~~(汗)。
慌ててお湯を流してみたりするものの、お湯の温度が微妙だった為にまた凍るという悪循環に…(汗)。
焦って無理に閉めようとしたら変な音が∑( ̄▽ ̄;)!!!!
地道にお湯をかけながら(マンションの3階なので少量ずつ…(汗)。)
「このまま夜になって更に気温が下がったら…(汗)。
寒いお部屋の中で風邪ひいちゃうわよ~~~!!」と思った時にあるモノを発見!
脱衣所だったのでドライヤーがあったのです(笑)。
20秒位当てたら凍った部分が溶けて閉まりました!ふぅ~~。

冷静になれば気付く事も慌てているとダメですね(汗)。


[PR]
by girlish_style_rp | 2010-02-05 22:53 | handmade(bag)
<< odekakebag *納品致しました* >>